グッドイヤー、EVのタイヤメンテナンス予測サービス実験を開始…クラウドベースで

グッドイヤーが米国で開始したEVのタイヤメンテナンス予測サービスのイメージ
グッドイヤー(GOODYEAR)は6月7日、EVのタイヤメンテナンス予測サービスの実験を米国で開始した、と発表した。

この実験は、米国カリフォルニア州ウエストハリウッドに本拠を置くEV専門の短期リース(サブスクリプションサービス)会社のBorrow社と共同で開始したもの。グッドイヤーは、フリート向けコネクテッドカーに独自のタイヤメンテナンス予測サービスを導入し、タイヤの修理と交換時期を予測する。

グッドイヤーのタイヤに関する専門知識を活用したクラウドベースのプラットフォームでは、車両データと独自のアルゴリズムによって、タイヤの修理と交換時期を予測する。そして、自動的にメンテナンスのスケジュール設定を行う。

サンフランシスコのグッドイヤーのイノベーションラボでは、Borrow社との共同研究により、最新のモビリティを短期リースで提供しているフリート会社へのサービスを通し、関連ソリューションのテストを実施する。

グッドイヤーとBorrow社の取り組みは、特定地域向けEVのシェアサービスを提供しているEnvoy社との実験や、テスラのEVを使用した都市間モビリティサービスである「Tesloop」で成功を収めている事例での成果に基づくものだ。これらの取り組みは、サンフランシスコにあるグッドイヤーのイノベーションラボによって開発・実施されている。

これらは自動車メーカー、サプライヤー、モビリティ関連のスタートアップ企業をつなぎ、フリート需要、自動運転車、その他関連モビリティアプリケーションに使用する製品の提供、およびデータ集約型サービスモデルを構築していく第一歩になる、としている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス