メルセデスベンツの次世代工場、5G通信導入へ…自動車生産では世界初

メルセデスベンツの5G通信ネットワークのイメージ
メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)は6月17日、ドイツの次世代工場「ファクトリー56」に、5Gモバイル通信を導入すると発表した。自動車生産における5Gネットワークの導入は世界初、としている。

ファクトリー56は、デジタル、フレキシブル、グリーンを重視し、工場で働く従業員に焦点を当てた最新工場として、まずはドイツ・ジンデルフィンゲンに建設。「インダストリー4.0」に沿う形でデジタル化されるだけでなく、グローバル生産ネットワークの他の工場とも接続される。

ファクトリー56は、2020年に稼働する予定だ。メルセデスベンツ乗用車の上級車やEVの生産を行い、次期『Sクラス』や、電動化に特化した新ブランド「EQ」も含まれる。自動運転タクシーも生産していく。

メルセデスベンツは、このファクトリー56に、5Gモバイル通信を導入する。強力なWi-Fiシステムによって、機械とシステムを互いにネットワーク化する。工場は完全にペーパーレスとなり、従業員はモニターとPDAを使って作業を行う。新型車の量産立ち上げの前には、「VR」(バーチャルリアリティ)によって、生産プロセスを視覚化し、従業員の研修に役立てる。

5Gネットワークでは、膨大な量のデータを非常に迅速に処理することができる。5Gモバイル通信は自動車の組み立てにおいて、低遅延かつ高い信頼性で、ギガビットの高速データ通信を可能にする、としている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス