乗用車の新しい燃費基準に関する報告書をとりまとめ 2019年度に関係法令改正へ

イメージ
経済産業省と国土交通省が共同で設置した燃費基準に関する審議会が、乗用車の新たな燃費基準に関する報告書をとりまとめ、2030年度の燃費基準目標を正式に決定した(25日)。

エネルギーの使用の合理化等に関する法律に基づく乗用車の新たな燃費基準については、経済産業省、国土交通省が共同で設置した燃費基準に関する審議会が2018年3月から検討してきた。今回「乗用車の新たな燃費基準に関する報告書」をとりまとめた。

新たな燃費基準は2030年度に2016年度実績の19.2km/リットルから32.4%改善して25.4km/リットル(推定値)を目標とする。

対象はガソリン自動車、ディーゼル自動車、LPG自動車に加え、新たに電気自動車、プラグインハイブリッド自動車を加える。電気自動車とプラグインハイブリッド自動車の燃費値の算定は、ガソリン自動車と比較可能にするため、ガソリンや電力などが車両に供給されるよりも上流側のエネルギー消費効率を考慮した「Well-to-Wheel」の考え方を用いて評価する。

今後、報告書を踏まえ、経済産業省、国土交通省が2019年度中を目途に必要な法令改正を行う。

(レスポンス レスポンス編集部)

[提供元:レスポンス]レスポンス