近鉄グループHD、伊勢志摩エリアで観光地型MaaSの実証実験

近鉄グループが伊勢志摩で観光地型MaaSの実証
近鉄グループホールディングスは6月25日、沿線の重要観光地である伊勢志摩エリアの志摩地域で今秋から観光地型MaaS(モビリティアズアサービス)「志摩MaaS」の実証実験を実施すると発表した。

今回取り組む「志摩MaaS」の実証実験では、志摩地域の近鉄の特急停車駅(鵜方駅・賢島駅)と周辺観光地を結ぶ、タクシー、バス、英虞湾舟運などの二次交通の利便性向上を図るとともに、新たな着地の観光体験やイベントを組み合わせた着地型旅行商品を造成、志摩地域の観光地としての魅力向上を目指す。

近鉄や二次交通の乗車券類のほか、着地型旅行商品の検索・予約・決済など、一連の購買アクションをシームレスで提供するMaaSアプリを開発する。志摩地域に関する観光商品をどこでも簡単にMaaS アプリを通じて購入できる仕組みを提供する。

実証実験は2019年度中に秋と冬の2回に分けて実施する。1回目は、タクシー、バス、英虞湾舟運など二次交通のオンデマンドのサービスを提供し、需要や運営上の課題を検証する。2回目はMaaSに関する検索・予約・決済の開発とその運用実験を行うとともに、鉄道でのデジタルフリーパスや着地型旅行商品のサービスを提供する。

同社では2019年度の実証実験の結果をもとに、伊勢志摩エリア全体での観光地型MaaSの提供を検討するとともに、将来的には、近鉄沿線の奈良大和路をはじめとする他の観光地についても導入を検討する。

(レスポンス レスポンス編集部)

[提供元:レスポンス]レスポンス