欧州の元祖ミニバン「エスパス」改良へ、発表はフランクフルトか

ルノー エスパス 改良新型(スクープ写真)
欧州の元祖ミニバン、ルノー『エスパス』改良新型プロトタイプを、これまでで最もカモフラージュの軽い状態でカメラが捉えた。

第5世代となる現行モデルは2014年後半に発売し、既に5年近くが経過。ライバルは多くないが、テコ入れが急務とされている。南ヨーロッパで捉えたプロトタイプは、リデザインされたラジエーターグリル、コーナーエアインテーク、さらにはC型LEDデイタイムランニングライトを備える新ヘッドライトのグラフィックが確認できる。

またターンシグナルがコーナーエアインテーク上部に配置されていることにも気づく。テールライトもほぼ露出しているが、ピラー上部へ伸びる部分がカモフラージュされており、デザインが刷新される可能性もある。

インテリアは撮影できなかったが、最新のインフォテイメントシステムや、より大型のタッチスクリーンディスプレイ、渋滞アシストなど新しい運転支援システムが期待できるという。

パワートレインは、アルピーヌ『A110』が搭載するルノー日産アライアンス製、1.8リットル直列4気筒ガソリンターボを搭載。最高出力は225psを発揮する。また最高出力160psを発揮する1.6リットルdCiディーゼルターボ、最高出力200psを発揮する2.0リットルdCiディーゼルターボのラインアップが予想される。

ワールドプレミアは、9月のフランクフルトモーターショーが有力だ。



(レスポンス Spyder7編集部)

[提供元:レスポンス]レスポンス