ユピテルの2カメラドラレコシリーズ、日刊自動車新聞用品大賞 総合グランプリを獲得

ユピテルの前後2カメラドライブレコーダーシリーズ
ユピテルは、「日刊自動車新聞用品大賞2019」にて、同社の前後2カメラドライブレコーダーシリーズが総合グランプリを受賞したと発表した。

1988年に創設された日刊自動車新聞 用品大賞は、販売数量だけでなく、商品開発のアイデアや話題性、業界貢献度、あるいは社会状況などを重視。カー用品量販店、整備専門学校の学生へのアンケート調査の結果を参考としながら、総合的かつ客観的に評価され、優秀かつ影響力があったものを選定して表彰する。

対象となったモデルは、前200万画素/後100万画素モデルの「DRY-TW7500d」とそのWEB限定商品「DRY-TW7500dP」、前後カメラ200万画素のフルHDモデル「DRY-TW8500d」、プライバシーガラス/スモークフィルム対応で夜にも強いリアカメラを搭載する「DRY-TW9100d」、前後とも夜間に強い157°の広角記録モデル「SN-TW80d」の5製品となる。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス