ブリヂストン、東京オリンピック・パラリンピックを支援---公式車両のタイヤや建物の免震ゴム

ブリヂストンは、オリンピックおよびパラリンピックのワールドワイドパートナーとして、先進技術やイノベーションで1年後に迫った東京2020大会を支援する。

ブリヂストンは、オリンピックおよびパラリンピックの公式タイヤサプライヤーとして東京2020大会で使用する公式車両へタイヤを提供。そのほかにも、競技会場となる「東京アクアティクスセンター」や「有明アリーナ」に免震ゴムを納入するなど、東京2020大会における先進モビリティや安全・安心を支えるインフラなどを多角化商品やソリューションで支える。

また、大会期間中は数百名規模の従業員ボランティアによる大会運営サポートや東京都内の交通需要抑制に向けた時差通勤・テレワーク推進等の実施も予定。東京2020を最も効率的かつ持続可能な大会の一つとして運営することをサポートしていく。

ブリヂストンの津谷正明CEO兼会長は、「1931年の創業当時からブリヂストンの創業者は"世の人々の楽しみと幸福の為に"という信念を持っていました。その思いは、ブリヂストンの使命である"最高の品質で社会に貢献"にも受け継がれています。東京2020大会では、その使命に基づく活動と共に、アスリートや大会運営をサポートする先進技術や画期的なイノベーションをご紹介します」とコメントしている。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス