日産と英シティフットボールグループ、グローバルパートナーシップ契約を更新

マンチェスター・シティFCの本拠地エティハド・スタジアム
日産自動車と英国シティ・フットボール・グループ(CFG)は、2014年7月に締結したグローバルパートナーシップを更新したことを発表した。

また、契約更新にあわせて、マンチェスター・シティ・フットボール・クラブの監督を務める、ジョゼップ“ペップ”・グアルディオラが日産のアンバサダーに就任する。

日産は2014年からCFGのオフィシャルオートモーティブパートナーを務めている。また、CFG初となる複数クラブのパートナーとして、英国プレミアリーグ、マンチェスター・シティFCや米国のメジャーリーグサッカーに加盟するニューヨーク・シティFC、オーストラリアのAリーグのメルボルン・シティFCなど、CFGが運営する世界各国のクラブを支援してきた。

今回の契約更新にあわせて、日産のアンバサダーに就任するマンチェスター・シティFCのジョゼップ グアルディオラは、2018-2019年シーズンにて、同FC史上初となるプレミアリーグ、FAカップ、リーグカップ、コミュニティ・シールドの4冠達成を成し遂げた、世界を代表するサッカー監督の1人だ。

パートナーシップの更新は、マンチェスター・シティFCのアジア・プレシーズンツアーの一環として、7月27日に開催される横浜F・マリノスとの親善試合に先駆けて合意。日産は、横浜F・マリノスの主要株主であり、またCFGも横浜F・マリノスの少数株主だ。

日産は今後も、CFGが運営するチームのホームゲームなどを通じて、ブランドの認知度とプレゼンス向上を図っていく。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス