【鈴鹿8耐】気になるNEWモデルも勢ぞろい!…ヤマハブース

鈴鹿8耐ヤマハ発動機ブース《撮影 先川知香》
2019年7月26日、三重県にある鈴鹿サーキットで「“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第42回大会」が開幕した。8耐限定グッズやグルメなどが楽しめるGPスクエアには、今年も所狭しと多くのブースが立ち並ぶ。

大会5連覇を目指すヤマハブースでは、ライダートークショーやヤマハレーシングレディー撮影会など多くのイベントが開催されるステージを中心に、今話題の『ナイケンGT』や『イービーノ』をはじめとした、幅広いラインナップの車両を展示。実際にまたがって、足つきなどを確認することが可能だ。

さらには、テック21カラーの「R-1」にまたがっての撮影コーナーや、往年のテック21グッズを持参することで、テック21オリジナルTシャツがもらえるプレゼントコーナーなど、8耐の全盛期に活躍したヤマハのテック21カラーにまつわるコンテンツも多数用意されている。

また、1回500円で8耐限定グッズがもれなくゲットできる、#YAMAGACHAは数量限定なので、見逃せない。

(レスポンス 先川知香)

[提供元:レスポンス]レスポンス