【鈴鹿8耐】暫定結果が変更に、カワサキが26年ぶり2度目の優勝

優勝したNo.10 Kawasaki Racing Team
トップの転倒、赤旗中断でNo.21 YAMAHA FACTORY RACING TEAMが優勝と裁定された鈴鹿8耐=“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第42回大会の結晶結果だったが、変更となり、No.10 Kawasaki Racing Teamの優勝が発表された。

ファイナルラップで転倒し完走扱いにならないと判定されたNo.10 Kawasaki Racing Teamだったが、赤旗中断時は1周前の結果を採用するため、完走扱いに変更。よってKawasaki Racing Teamが優勝となり、カワサキが26年ぶり2度目の優勝を飾った。なおこの結果も暫定であり、今後変更となる可能性がある。

決勝結果(変更後)
1:No. 10 Kawasaki Racing Team 216周
2:No. 21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM 216周
3:No. 33 Red Bull Honda 216周
4:No. 1 F.C.C. TSR Honda France 215周
5:No. 12 YOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACING 215周
6:No. 7 YART-YAMAHA 214周
7:No. 634 MuSASHi RT HARC-PRO.Honda 213周
8:No. 95 S-PULSE DREAM RACING・IAI 211周
9:No. 19 KYB MORIWAKI RACING 211周
10:No. 72 Honda Dream RT SAKURAI HONDA 211周

(レスポンス 藤木充啓)

[提供元:レスポンス]レスポンス