ZF、テスラ モデルS 用のブレーキ発売…電動車向けアフターパーツ拡大

ZFがTRWブランドから発売したテスラ・モデルS用のブレーキディスク
ZFは7月30日、テスラのEV『モデルS』用のブレーキディスクをTRWブランドから発売した、と発表した。

ZFは2030年までに、全世界で生産される自動車の約3分の1が、電動パワートレイン車になると予想している。ZFは成長しているeモビリティ市場のニーズを満たすために、電動車向けアフターパーツのラインナップを拡大してきた。 今回、TRWブランドから、テスラ モデルS用のブレーキディスクを発売している。

モデルS用のTRWブランドのブレーキディスクは、高炭素グレイ鋳鉄材を使用して製造されている。これにより、ディスクの温度が下がり、ホットジャダーやブレーキ鳴きなどのNVH問題が発生しにくくなる。コンポーネントノイズの低減は、ドライバーの快適性に大きな影響を与える可能性があるため、EVの部品開発において、非常に重要という。

高炭素ブレーキディスクは、TRWのオーダーメイドの表面コーティングを使用し、耐腐食性を高めるために、ブラック塗装が施されている。

モデルS用のブレーキディスクは、まずはフロント用が発売された。リアのブレーキディスクは、数か月後に発売される予定、としている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス