クボタ、同社最大クラスの高馬力帯トラクタを北米市場投入へ

クボタ 高馬力帯トラクタ「M8シリーズ」
クボタは7月31日、同社最大クラスの高馬力帯のトラクタ「M8シリーズ」をラインアップに追加し、2020年春シーズンより北米にて販売を開始すると発表した。

M8シリーズは、2015年に販売開始した「M7シリーズ(130~170馬力)」の特長を引き継ぎながら、さらなる高馬力で作業の幅を広げ、より多くの顧客ニーズに対応。190馬力と210馬力の2モデルを用意する。

新機種は、クボタ独自のアームレスト一体型の操作盤およびタッチスクリーンモニターをM7シリーズから継承し、「使いやすさ」と「分かりやすさ」を追求。また、360°の視認性を確保したワイドキャビンとオペレーターの好みにあわせた多彩なシートバリエーションの採用により、長時間作業でもストレスフリーなオペレーション空間を実現した。

パワーユニットは、大型農機市場にて豊富な実績を誇るCummins社製6.7リットルエンジンを搭載。190馬力・210馬力の高出力を発揮するとともに、EPA Tier4 Final排ガス規制にも対応。外観は先進性と力強さを兼ね備えたM7シリーズとファミリールックのデザインを採用する。

なお開発・製造は、カスタムOEM相手として新たに戦略的パートナーシップを結んだカナダ・ビューラー社に委託し事業運営を進めていく。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス