ドライバー異常時対応システムの要件を策定…交差点での停止を回避

ドライバー異常時対応システムの要件を策定…交差点での停止を回避
国土交通省は、一般道路でドライバーが急病などで運転操作ができない状態になった際、路肩に自動退避する「ドライバー異常時対応システム」のガイドラインを策定した(2日発表)。

ドライバーの異常に起因する事故が年間200~300件発生している。こうした事態を受けて、産学官の関係者で構成する国土交通省の「先進安全自動車(ASV)推進検討会」が、2016年に基本型のドライバー異常時対応システムのガイドラインを策定し、2018年に路肩などに退避する高速道路版のガイドラインを策定した。

今回、ドライバー異常時対応システムの、一般道路版のガイドラインを策定した。

ガイドラインは、一般道でドライバーの異常により運転の継続が困難になったとシステムが判断した場合、車線維持・変更や道路端に寄せる機能、減速・停止する機能に加え、交差点の中で停止することを回避する機能を持ち、可能な限り路肩に寄せて停止させるシステムについて、開発の指針を示したもの。交差点へ進入せずに止まれる場合は、交差点進入前に停止し、交差点へ進入せざるを得ない場合は減速を中断し、通過後速やかに停止させる。

国土交通省ではガイドラインを公表することで自動車メーカーがシステムの開発に注力してシステム搭載車両を早期に実用化することを促す。

(レスポンス レスポンス編集部)

[提供元:レスポンス]レスポンス