明電舎、EVモーター単体で電費・車両評価ができる新システムの運用開始

EVモーター単体評価ベンチシステム
明電舎は、明電舎太田事業所の開発実験棟に設置した電動車両用デモシステムの運用を8月1日より開始した。

電動車両用デモシステムは、2019年3月に業務提携したFEV社のシミュレーションソフトを組み込んだもの。製品販売の促進だけでなく、今後顧客への受託試験の提供や、明電舎のEV事業用の研究開発用設備としても活用していく狙いだ。

新しい試験システムは、明電舎製のダイナモメーターや操作計測盤に、FEV社のソフトウェア「オートメーションやリアルタイム・シミュレーションを実行するMORPHEE(モルフィー)」と「複数のCAEモデルを連成シミュレーションするxMOD(エクスモッド)」を組み込んだもの。これにより様々なモデルソフトを利用したシミュレーションを行うことで、EVモーター単体で車両走行状態の燃費、車両評価を行うことができる。

同社では、製品開発プロセスへのモデルベースの活用により、顧客の業務効率化と開発期間短縮に貢献する。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス