ダブル連結トラックが走行できる高速道路を拡充 東北から九州まで

ダブル連結トラック
国土交通省は8月8日、1台で通常の大型トラック2台分の輸送が可能な「ダブル連結トラック」の通行経路となる区間を東北から九州まで拡充したと発表した。

国土交通省では、ダブル連結トラックの導入を「生産性革命プロジェクト」と位置付け、2019年1月に、特殊車両通行の許可基準を緩和し、新東名を中心にダブル連結トラックを本格導入した。物流事業者のニーズを踏まえ、道路構造、休憩箇所について物流事業者の詳細計画をもとに確認、検討し、主な通行経路となる区間を拡充した。

これまでの主な通行経路区間は、新東名・海老名JCT~豊田東JCTだけだった。今回、東北自動車道(北上江釣子ICまで)、圏央道、東名高速道路、名神高速道路・新名神高速道路、山陽自動車道、九州自動車道(太宰府ICまで)に拡充する。

今後、高速道路サービスエリア・パーキングエリアでのダブル連結トラックを優先駐車できるスペースを順次整備するほか、引き続き運行状況や物流事業者のニーズを踏まえて、対象路線の拡大を検討する。

(レスポンス レスポンス編集部)

[提供元:レスポンス]レスポンス