日本に「ちょうどいい」5ナンバーワゴン、ホンダ シャトル 改良モデルの進化[詳細画像]

ホンダ シャトル 改良新型
5ナンバーサイズの扱いやすいボディ、燃費性能、センタータンクレイアウトが実現した多彩なシートアレンジ、広い室内空間が特徴のステーションワゴン、ホンダ『シャトル』が5月にマイナーチェンジ。改良のポイントは、エクステリア、インテリア、そして先進安全機能の進化と、手が込んでいる。


フロントバンパー形状を変更し、水平基調のクロームメッキが低重心&ワイドな印象を与える。フォグライト形状も刷新され、より先進的でスマートなフェイスとなった。さらにテールゲートとリアコンビランプのデザインも一新。ラインLEDを強調したランプによりリアの表情を大きく変えた。ドアハンドルもメッキ化することで高級感を演出している。


インテリアの加飾にはピアノブラックを採用。シートデザインも刷新し、新たに本革シートも追加。都会的で上質感のあるステーションワゴンを目指したシャトルのコンセプトを進化させた、上質な空間を作り上げている。ユーティリティ面では、リアセンターアームレストにカップホルダーを追加し、後席での利便性も向上した。

先進安全機能「ホンダセンシング」は、注目の新機能「オートハイビーム」を新たに追加した。前走車や対向車を検知してハイ/ロービームを自動で切り替え、良好な視界確保に貢献する。


写真で紹介するのはハイブリッドモデル。1.5リットル「i-VTEC」エンジンに1モーターハイブリッドシステム「i-DCD」を組み合わせる。トランスミッションは高出力モーター内臓の7速DCTで、力強くかつダイレクトな加速感も味わえる。

ボディカラーはホンダらしさも感じさせる鮮やかで深みのある赤の「プレミアムクリスタルレッド・メタリック」。

ハイブリッドモデルの価格は211万8960円から、1.5リットルガソリン+CVTモデルは177万5520円から。



(レスポンス 宮崎壮人)

[提供元:レスポンス]レスポンス