【鈴鹿10時間】ドライバーサイン会にハッキネン登場、夢か?

ライバーサイン会(鈴鹿10時間耐久)
鈴鹿サーキットで行われている「2019 第48回サマーエンデュランス『BHオークション SMBC 鈴鹿10時間耐久レース』」の予選終了後、Bubbly Groooovyステージで豪華なドライバーサイン会が行われた。

サイン会に参加したのは脇阪寿一選手、道上龍選手、松田次生選手、谷口信輝選手、そしてミカ・ハッキネン選手の4名。日本が誇るJGTC、SUPER GTのチャンピオン達に1998年、1999年のF1ワールドチャンピオンが揃ってのスペシャルなサイン会に、多くのファンが押し寄せた。

ハッキネン選手は「こんなにたくさんの方に集まってもらい嬉しい。今日は鈴鹿を走れて楽しかったですし、このレースに出場できたことを誇りに思っています、みなさんありがとうございます」とファンに感謝の気持ちを述べた。

このドライバーサイン会の参加ルールは鈴鹿10時間公式プログラムを持っていること、そしてじゃんけんをして勝った方30名が5名全員のサインをもらうことが出来る。道上選手と脇阪選手がじゃんけんを担当。そして最後にはなんとハッキネン選手がじゃんけんをしてサインを手に入れる30名が決定。選ばれし30名のファンは憧れのドライバー達からサインをもらい、写真を撮ってもらうなど夢のひと時を味わった。

(レスポンス 河村大志)

[提供元:レスポンス]レスポンス