ヴァレオの電動化技術をPHVに搭載…フランクフルトモーターショー2019

ヴァレオのブース(フランクフルトモーターショー2019)
ヴァレオ(Valeo)は9月10日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー2019(Frankfurt Motor Show)において、同社の電動化技術を搭載したプラグインハイブリッド車(PHV)のプロトタイプを初公開した。

このプロトタイプには、ヴァレオがシーメンスと共同開発したPHVパワートレイン「eDrive」を搭載する。eDriveは電動モーター、車載チャージャー、DC/DCコンバーターなどで構成されており、プロトタイプにはヴァレオのエレクトリカルシステムをフル搭載した。

eDriveを搭載したプロトタイプは、EVモードで最大40kmのゼロエミッション走行が可能。EVモードの最高速は70km/hだが、0~100km/h加速は4秒以内で駆け抜ける。長距離の走行では、内燃エンジンに切り替えることができる。

モーターとエンジンを合わせたPHVパワートレイン全体で、408hpのパワーを獲得する。400ボルトの電源システムを採用している。

ヴァレオは、このeDriveを2019年内に、欧州メーカーの市販モデルに搭載する計画だ。ヴァレオは、エネルギー消費量の削減につながる48Vシステムの開発にも取り組んでいる、としている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス