セニアカーの状態をリアルタイムで検知、スズキとNTT Comが実証実験へ

スズキ・セニアカー
スズキとNTTコミュニケーションズは、ハンドル形電動車いす『セニアカー』の状態をIoTでリアルタイムに確認し、異常を知らるサービスの実証実験を10月末より全国で実施する。

高齢者の移動手段確保が社会的課題となる中、電動車いすへの注目が高まっている。セニアカーを製造・販売するスズキは、さらなる安心安全の実現に向けてIoT技術の活用に着目した。一方、NTTコミュニケーションズはICTを活用して次世代の交通環境を実現する「スマートモビリティ」の実現を目指し、技術開発やビジネス創出を推進している。今回両社は、セニアカー利用者とその家族がより安心して使えるよう、IoTでリアルタイムにセニアカーの状態を確認し、利用者を見守るサービスの実証実験を行う。

実証実験では、セニアカーの位置情報と傾きデータを、GPS、車載器センサーとSIMカードによって取得し、NTTコミュニケーションズのクラウド上に収集。転倒などの異常な傾きを検知した場合、あらかじめ登録された利用者の家族などにメールで知らせる。

今後は、収集対象を加速度情報などへと拡大し、登録されたエリアから離れた事を検知・通知するサービス、異常な走行を検知・通知するサービスなどへの拡充を検討していく。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス