豊田自動織機、屋内外対応のカウンタータイプ自動運転フォークリフトを開発

自動運転でキャベツの入ったパレットをトラックに積み付ける豊田自動織機のフォークリフト
豊田自動織機は10月8日、半田市にあるトレーニング施設にて、開発中のカウンタータイプ自動運転フォークリフトを公開した。

豊田自動織機は、農業分野での自動化・省人化に向けた研究開発を行う「露地野菜生産ロボット化コンソーシアム」に2016年より参画。自動運転でトラックに荷物を積み込むカウンタータイプフォークリフトの開発を進め、2020年には実証実験を開始する。

豊田自動織機は1970年代より自動運転フォークリフトの開発に着手しており、昨今の物流業界における自動化ニーズの高まりを背景に、2017年に物流倉庫等、屋内での稼働を前提としたリーチタイプ自動運転フォークリフト「Rinova AGF」を発売。屋内走行と一定条件下での荷役作業を無人化している。

今回公開したカウンタータイプの自動運転フォークリフトは、複数の位置検出装置を組み合わせたことにより、屋内に加え、屋外での稼働を可能にしている。さらに、画像認識・AI技術を活用することで、荷物位置やトラック荷台の傾斜角度などが一定ではない状況下でも、自動での荷役作業を実現。今後は、実証実験から得られる課題をもとに改良を進め、早期の実用化を目指す。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス