ダイハツ ハイゼットトラック、スマアシ搭載車にLEDヘッドランプを標準装備

ダイハツ・ハイゼット・トラック
ダイハツは、軽商用車『ハイゼット・トラック』を一部改良、スマートアシスト付グレードにLEDヘッドランプを標準装備とし、10月10日から販売を開始した。

ハイゼットは1960年に発売し、農業や建設業、運送業、サービス業など幅広い業種で愛用されており、累計生産台数は700万台を超える。中でもハイゼット トラックは、2014年9月にフルモデルチェンジを実施し、積載性や耐久性、防錆性能等の基本性能の進化に加え、全8色のカラーバリエーションや、多彩な快適装備等を設定。また、2018年5月の一部改良では、軽トラック初となる衝突回避支援システム「スマートアシストIIIt」を搭載した。

今回の一部改良では、スマートアシストIIIt付グレードにLEDヘッドランプを標準装備。夜間の視界をより明るくすることで、安全性を向上させた。また特装車では「カラーアルミ低温冷凍車」を追加し、保冷・冷凍車シリーズのラインアップを拡充させた。

価格は69万3000円より。スマートアシストIIIt搭載車は91万3000円から。カラーアルミ低温冷凍車は226万6000円から。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス