スバル BRZ、大幅改良の果てに「86」と共通化!? プロトタイプをスクープ

スバル BRZ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
スバル『BRZ』改良新型と思われる車両が、ニュルブルクリンクで高速テストを開始した。その姿をスクープサイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。

BRZはトヨタとの共同開発により、トヨタ『86』の兄弟車として2012年に誕生。ボクサーエンジンの「B」、リアドライブの「R」、「Zenith(究極)」のイニシャル「Z」をそれぞれとって名付けられた。2013年には「RA Racing」が設定、その後も毎年改良が行われている。

捉えた車両は、フロントエンドとリアの一部にカモフラージュが施されている。フロントフェンダー後部に新たにエアアウトレットが追加され、新デザインのスプリット付き縦型コーナーベンチレーションを装備していることが確認できる。


しかし奇妙なのは、ヘッドライト、バンパーのエアインテーク形状、リップスポイラー、さらにリアエンドでは、エギゾーストパイプの両側に水平のディフューザーが見られるなどトヨタ86の特徴が多く見られる点だ。

そのため86の改良新型と思われたが、契約カメラマンを始め欧州の複数メディアなどの現地情報からはBRZの可能性が高いという。となると、BRZ改良新型では、86のデザインが多く採用される、あるいは86のパーツはダミーで、その箇所が全て刷新されるかのどちらかが予想される。

「FA20型」2.0リットルDOHC水平対向4気筒エンジンはキャリーオーバーとなるだろうが、馬力の変更などがあるかもしれない。またキャビン内では、新デザインのインフォテイメントシステムを装備する可能性もある。

ワールドプレミアは、2020年内と予想される。



(レスポンス Spyder7編集部)

[提供元:レスポンス]レスポンス