ホンダ、車載通信モジュールを活用した新コネクテッドサービスを開始

ホンダトータルケアプレミアム(イメージ)
ホンダは、2020年2月発売予定の新型『フィット』より、ホンダ車専用車載通信モジュール「ホンダコネクト」を日本初搭載するとともに、コネクテッドサービス「ホンダトータルケアプレミアム」を開始する。

ホンダトータルケアプレミアムは、2016年にサービスを開始し、350万人以上のユーザーが加入するカーライフサポートサービス「ホンダトータルケア」を、ホンダコネクトの技術を活用してさらに進化させた、ホンダコネクト搭載車オーナー向けのサービス。

ホンダトータルケア緊急サポートセンターを進化させ、24時間365日、より安心、安全なサービスを提供する。事故などの緊急時には、クルマ自体が緊急サポートセンターと通信。車両情報や位置情報を、オペレーターを通じて警察や消防、保険会社などへ一括して連絡をすることで、迅速で的確な対応を実現する。さらに、セキュリティーアラームが作動した際は、ユーザーのスマートフォンへ通知。状況に応じてALSOKのガードマンを現場に急行させることができる。

また新規開発の「ホンダ リモート操作」では、スマートフォンで離れた場所からエアコンを始動できるほか、ドアロック忘れを知らせてロック操作ができる機能や、クルマの駐車位置を確認できる機能を搭載。より快適、便利なカーライフをサポートする。

ホンダトータルケアプレミアムはホンダコネクト搭載車オーナー限定の有料サービスで、「基本パック」と「追加オプションサービス」で構成。サブスクリプション形式の採用により、月単位の利用を可能とした。ホンダコネクトは新型フィットより搭載を開始し、その後発売する新型車、フルモデルチェンジ車に順次搭載する予定。新車、中古車に限らず、ホンダコネクト搭載車を購入し、初回申込のユーザーには一定期間、ホンダトータルケアプレミアムを無料で提供する。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス