マツダ ロードスター 、新たな特別仕様車「シルバートップ」がブースに…東京モーターショー[詳細画像]

マツダ・ロードスターの特別仕様車「シルバートップ」(東京モーターショー2019)
10月23日に開幕した東京モーターショー2019のマツダブース。初の市販EV『MX-30』が華々しくデビューを飾ったその場所に、ひっそりと『ロードスター』のニューモデルが置かれていた。

まずソフトトップのカラーが違う。ボディカラーも『マツダ3』や『CX-30』に専用色として設定されている「ポリメタルグレー」をまとっている。この車両は、市販予定モデルとして展示されたロードスターの特別仕様車「シルバートップ」。期間限定でこのシルバーの幌が設定できるという。また、これまでレッドだったインテリアのステッチがグレーになっており、シートには従来設定のなかったパーフォレーションレザーが採用されている。

だが、ポリメタルグレーの外板色は特別仕様ではなくロードスターの一部改良に伴い新規設定されるもの。主要諸元に関わるような変更はないが、Apple CarPlayとAndroid Autoへの対応、レイズの16インチホイールやブレンボのフロントブレーキをメーカーオプションで設定できるようになるなど、モデルそのものがアップデートされる予定だ(グレードはS Leather Package)。さらに、RFではバーガンディの内装色も設定可能となる。

「シルバートップ」の発売時期、販売期間、価格(とロードスターの一部改良時期)は明らかにされなかったが、担当者によれば「そう遠くない未来」とのこと。「新たにバリエーションを増やすことで、“いつかロードスターに乗りたい”と思っている人の決め手になれば…」とコメントしている。

(レスポンス 吉田 瑶子)

[提供元:レスポンス]レスポンス