マツダ MX-30 のドアは観音開き、電動クーペSUVの新提案…東京モーターショー2019[詳細画像]

マツダ MX-30(東京モーターショー2019)
マツダ『MX-30』は、新たな電動化技術「e-SKYACTIV(イー・スカイアクティブ)」を搭載した同社初の量産EVだ。バッテリー容量は35.5kWh、航続距離は約200km程度になるという。

エクステリアデザインは、マツダのデザインテーマ「魂動」のもと、「Car as Art」として、芸術性を高めるとともに、表現に拡がりを持たせることに挑戦したという。コンパクトなクーペSUVスタイルに、かつての『RX-8』のような観音開きドア「フリースタイルドア」を採用しているのが特徴だ。

センターコンソール周りは、抜け感を持たせた形状とし、開放感のある空間を構成。コルクや再生材からできた生地など、環境に優しい素材を、自然な魅力を引き出しつつ使用し、心地のよい室内空間を実現する。

MX-30のサイズは、欧州仕様車の暫定値で全長4395mm、全幅1795mm、全高1570mm。ホイールベースは、2655mm。

(レスポンス ショーカーライブラリー)

[提供元:レスポンス]レスポンス