ホンダが欧州フル電動化計画を前倒し、2022年までに達成へ…新型EVとハイブリッドも投入

ホンダe
ホンダ(Honda)の欧州部門は10月23日、2022年までに欧州で販売されるすべての四輪車を、ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車(PHV)、EV、燃料電池車などの電動車両に置き換えると発表した。

ホンダは当初、2025年までに、欧州で販売されるすべての四輪車を電動化する計画だった。今回、この欧州電動化計画を、3年前倒しする。

ホンダの欧州電動化計画において、重要な役割を担うのが、新型EVの『ホンダ e』と、新型『ジャズ』(日本名:『フィット』)に相当)だ。中でも新型ジャズは、欧州でのラインナップをハイブリッドに1本化している。

さらにホンダは、ホンダeと新型ジャズを含めて、今後3年以内に欧州市場において、電動モデル6車種を発売する予定だ。これには、さらなるEVとハイブリッド車が含まれる、としている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス