趣味のキャラバンに、最新パラメディック、日産車体の「働くクルマ」たち…東京モーターショー2019

NV350キャラバン ブラックギアコンセプト(東京モーターショー2019)
日産車体は、10月24日から11月4日まで東京ビッグサイトなどで開催される「東京モーターショー2019」に、「社会そして人々のくらしを豊かにし続ける働く車たち」をテーマとした4台を出展した。

◆NV350キャラバン ブラックギアコンセプト(参考出展)


ブラックギアコンセプトは、『NV350キャラバン』の上級グレード「プレミアムGX」をベースに、キャンプや釣り、自転車など、こだわりの趣味をもつ大人たちへ活動的なカーライフを提供する1台に仕立てたコンセプトモデルだ。

車体色には、モーターショー特別仕様のグレーを採用。グリルやフォグランプ周り、スライドレールなどにはレディッシュオレンジのアクセントを効かせて、スポーティさを演出。ブラック基調のグリルと、ブラックのインテリアが、「ブラックギア」の名にふさわしい精悍なイメージをけん引する。

シートには、ダブルステッチを入れた専用生地で遊び心をプラス。インパネ周りにも、レディッシュオレンジのアクセントを効かせたリングや、大型11インチナビ、革巻きステアリングと、こだわりの装備を充実させた。

◆日産パラメディック 電動ストレッチャー、リチウムイオンバッテリー搭載(参考出展)


パラメディックは、NV350キャラバンのスーパーロングワイドボディ仕様をベース車両として、2018年にフルモデルチェンジした高規格準拠救急車。発売以来、優れた小回り性能による運転のしやすさに加え、超ハイルーフがもたらすゆとりある室内スペースにより、一刻を争う救命救急作業に最適な環境を全国の消防本部、救急指定病院等へ提供している。

今回、特別仕様として体格の大きな傷病者への対応力強化と、救急車への搬入・搬出といった救急隊員の体にかかる負荷を軽減する電動ストレッチャーを装備する。また、小型高性能のリチウムイオンバッテリーを補助電源として搭載。夜間の住宅街でもアイドリング時の騒音を気にせずに救急活動に専念できる低騒音・低燃費を実現する。

◆NV200バネット マルチベッドワゴン ツートーンカラー 安全装備採用(参考出展)


マルチベッドワゴンは『NV200バネット』をベース車両として、多彩なアレンジが可能なベッドシステムを搭載し、大自然の中、自由な発想でアウトドアライフが楽しめるモデルだ。

今回の展示では、同モデルに都会の街並みの中でも個性が光るパステル調の2トーンカラーを施し、楽しい・カワイイの要素を加えて仕上げた。「ニッサンインテリジェントモビリティ」を代表する先進安全装備を装着することで、アクティブなカーライフをサポートする。

◆NV200タクシー ユニバーサルデザイン(10月23-24日のみ展示)


NV200タクシー同様の広くゆとりのあるパッケージに加えて、「みんなにやさしいタクシー」としてスライド式スロープや乗降用大型手すりを標準装備。子どもや高齢者、車いすの人でも安心して乗車できるユニバーサルデザインを実現している。

今回の出展では、アルミ素材のスロープを装備。2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、大きな荷物を持った訪日外国人や電動車いすの人でも、安心して使える高耐荷重仕様となっている。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス