ホンダ初のEVの普及を促進、充電コスト引き下げへ…欧州電力会社と提携

ホンダe
ホンダ(Honda)の欧州部門は10月23日、大手電力会社のバッテンフォールと提携を結び、欧州のEVユーザーの充電コストを引き下げると発表した。

今回の発表は、ホンダ初の市販EV、『ホンダe』の欧州での普及を後押しするのが狙い。すでにホンダeはドイツ、英国、フランス、ノルウェーで先行予約を開始しており、2020年初夏より、順次デリバリーを開始する予定だ。

ホンダeには、街中での取り回しの良さと力強いモーター+後輪駆動によるホンダならではの走りの楽しさを追求した。モーターは最大出力が136psと154psの2種類のチューニングが設定される。どちらも、最大トルクは32.1kgmを引き出す。ホンダeでは、このモーターが後輪を駆動する。0~100km/h加速は、およそ8秒の性能を備えている。

ホンダeには、蓄電容量35.5kWhの大容量リチウムイオンバッテリーを搭載する。1回の充電での航続は、最大220kmとなる。急速充電を利用すれば、30分でバッテリー容量の80%まで充電できる。

ホンダの欧州部門は、バッテンフォールと提携を結び、欧州のEVユーザーの充電コストを引き下げる。両社は、グリッド需要に比べて、最も費用対効果の高い時間にEVを充電できる柔軟な電気料金を導入していく。

このサービスは2020年、まずは英国とドイツで開始する予定だ。ホンダは、他のヨーロッパ各国にも拡大展開する、としている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス