ホンダ CR-V 新型、アウトドア仕様にカスタマイズ…SEMA 2019で発表へ

ホンダ CR-V 新型のカスタマイズカー
ホンダの米国部門は、11月5日に米国ラスベガスで開幕するSEMAショー2019において、新型『CR-V』(Honda CR-V)のカスタマイズカーを初公開すると発表した。

このカスタマイズカーは、「Jsportパフォーマンスアクセサリー」によってカスタマイズされた。アウトドアを楽しみたいユーザー向けのカスタマイズを施している。

新型CR-Vのガソリンエンジン搭載車をベースに、車高をおよそ40mm引き上げるリフトアップキット、サイドステップ、フォグランプを組み込んだ専用フロントバンパー、リアゲートの背面スペアタイヤが装備された。ボディカラーは、車体の中央を境に、フロント側がベージュ、リア側がレッドとした。

オールテレーンタイヤはニットー製の「グラップラー」で、17インチの「KMC」オフロードホイールを組み合わせた。「Jsport」のモジュラールーフラックには、ルーフテントの「ルーフネスト・ファルコン」を装着する。荷室には、キャビネットとスライド式の冷蔵庫が装備されている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス