「4WD=高性能」の生みの親…今、アウディの“スポーツ”を選ぶ理由

アウディ R8 改良新型
『カーセンサーエッジ』12月号
発行:リクルート
定価: 524円(本体価格476円+税)

“4WD”と聞くと悪路走行を得意とするSUVを思い浮かべる人も少なくないだろう。しかし、より大きなパワーを路面に伝えることが可能なため、現代のスポーツセダンからスポーツカーといった高性能モデルには、4WDを搭載することがスタンダードとなっている。日産『GT-R』やポルシェ『911』、今やフェラーリさえも4WD搭載の高性能モデルをラインナップしている。

そういった「高性能モデル=4WD」の潮流を生み出したのは他でもない。アウディである。最近では、『R8』がアウディ独自の4WDシステム「“quattro(クワトロ)”システム」を搭載し、実用と性能を兼ね備え、それまでのスーパーカーと一線を画した存在であった。

『カーセンサー エッジ』12月号ではクワトロを宿したスポーツモデルを特集。これまでのアウディの歩み、スポーツモデルのユーズドアウディの中から厳選したベストバイを紹介。アウディの“輪”に加わる時がきた。

気になる見出し……●アウディの“スポーツ”を狙え●テリー伊藤の実車見聞録 VOLKSWAGEN GOLF CABRIO●EDGE 2nd LINE ’13 AUDI A4 AVANT 2.0 TFSI SE Package●EDGE HOUSE●Girls’ day out●中古車相場威力偵察帯●いまどき・これからのクルマ学


(レスポンス 滑川寛)

[提供元:レスポンス]レスポンス