メルセデスベンツのEVトラック、実証テストで航続や動力性能を確認 2021年から量産へ

メルセデスベンツ eアクトロス の実証テスト
メルセデスベンツは11月6日、大型トラックの『アクトロス』のEV、『eアクトロス』(Mercedes-Benz eActros)の1年間に渡る実証テストの第1段階が終了した、と発表した。

アクトロスは、メルセデスベンツブランドの大型トラックだ。メルセデスベンツは乗用車だけでなく、商用車の分野においても、電動化を加速させている。アクトロスのEVは、eアクトロスと命名された。リアアクスルのホイールハブの近くに2個のモーターを搭載しており、それぞれのモーターが、最大出力171hp、最大トルク49.5kgmを引き出す。

バッテリーは、蓄電容量240kWhの大容量リチウムイオンバッテリーを2個搭載した1回の充電での航続は、最大200kmの性能を備える。出力150kWの急速チャージャーを利用すれば、バッテリーの充電は2時間で完了する。

メルセデスベンツは、このeアクトロスを2018年秋、ドイツとスイスの顧客に引き渡し、実証テストを開始した。この1年間に渡る実証テストの第1段階が終了している。

実証テストから得られたデータには、積載量や走行ルート、地形に関係なく、eアクトロスの最大200kmの航続が、現実的な数値と確認できたという点がある。都市や高速道路などにおいて、動力性能はディーゼルエンジン搭載のトラックに劣らないことも確認されたという。

また、電動の冷却システムと空調システムは、今年の非常に暑い夏だけでなく、冬の低温でも問題なく機能した。また、回生ブレーキによって、ドライバーがブレーキペダルを操作する必要もほとんどなかったという。

メルセデスベンツは実証テストで得られたデータやノウハウを反映させて、2021年からeアクトロスを量産する計画だ。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス