ランボルギーニ、新世代スーパーキャパシタ向け新素材の特許申請…将来の電動車に搭載へ

ランボルギーニ・シアンFKP 37のスーパーキャパシタ
ランボルギーニ(Lamborghini)は11月6日、新世代のスーパーキャパシタの技術基盤となる新素材の特許を申請した、と発表した。

この特許は、ランボルギーニと米国のマサチューセッツ工科大学との共同研究の最新の成果になるものだ。ランボルギーニは2016年秋、マサチューセッツ工科大学と提携を結んだ。将来の新型スーパーカーのための研究開発プロジェクトを進めている。

スーパーキャパシタは、高い電力密度を維持しながら、エネルギー密度の点において、従来のバッテリーとのギャップを埋めることができると期待されている技術だ。ランボルギーニは、画期的なスーパーキャパシタの開発を目指している。

ランボルギーニは、2017年秋に発表した電動スーパーカーコンセプトの『テルツォ ミッレニオ』に、スーパーキャパシタを搭載した。また、2019年秋に発表したランボルギーニ初の市販ハイブリッド車の『シアンFKP 37』にも、最新のスーパーキャパシタを搭載している。

シアンFKP 37では、スーパーキャパシタに10倍の電力を蓄電できる設計とした。ランボルギーニによると、同じ重量のバッテリーよりも出力は3倍強力で、同じ電力を生成するバッテリーよりも3倍軽量という。

ランボルギーニは今回、新世代のスーパーキャパシタの技術基盤となる新素材の特許を申請した。新素材の分子構造は、将来の高性能なスーパーキャパシタ向けの電極に使用することを想定しており、ランボルギーニによると、エネルギー密度を最大100%増加させることが可能になるという。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス