豊田合成、ベトナムでエアバッグ部品の生産能力を強化

豊田合成ハイフォン タイビン工場
豊田合成は11月13日、グローバルでのエアバッグ需要拡大に対応するため、ベトナムのエアバッグ部品生産子会社である豊田合成ハイフォン(TGHP)の生産能力を強化すると発表した。

TGHPのタイビン工場に新棟を建設し、2023年度のベトナムでのバッグ(衝突時に膨らむ袋)の生産能力を2018年度の約1.5倍となる年2500万個に拡大する。工場拡張に伴う投資額は約18億円で、2020年5月に着工、2021年10月に生産を開始する。

豊田合成は2025事業計画(中長期経営計画)にて、エアバッグを中心とするセーフティシステム製品を重点事業と位置づけており、2023年度のグローバルでのエアバッグの生産能力を2018年度の約1.6倍となる年1億個に増やす計画だ。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス