トヨタ紡織、マツダ車にシート機構部品を初供給 CX-8の2列目シートに採用

トヨタ紡織が初受注したシート機構部品
トヨタ紡織は、マツダが2019年10月に発表した3列シートクロスオーバーSUV『CX-8』の2列目シート「4ウェイパワーシート」に、同社が開発したシート機構部品が採用されたと発表した。

今回採用されたシート機構部品は、2列目シートのリクライニングとシートスライドの電動調整を可能にするもの。さらにスイッチを押すだけで、自動でシートバックが前に倒れるとともにシートが前方にスライドし、3列目シートへの乗り降りを楽にするパワーウォークイン機構も備えている。

トヨタ紡織は、2018年10月に広島営業所を設立以降、2019年9月にアメリカ アラバマ州に合弁会社TOYOTA BOSHOKU AKI USA,LLCを新設するなど、マツダへのシートやシート機構部品の提案活動を進め、今回、マツダ車のシートに初めて採用された。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス