BMW M3セダン 次期型のデザインは、3シリーズとはかなり違う!巨大グリルもチラ見せ

BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
BMWの主力セダン『3シリーズ』新型の頂点に君臨する『M3セダン』の開発車両を、これまでで最もカモフラージュが軽い状態でカメラが捉えた。

過去スクープされたプロトタイプとの最大の違いは、市販型のブーメラン型LEDデイタイムランニングライトを備える新形状のヘッドライトが装着されたことだ。テールライトも完全に露出しているほか、ルーフにはシャークフィンアンテナ、スプリットタイプのトランクリッドスポイラーを初めて装備。開発が最終段階にあることがうかがえる。

またフロントバンパーのネットの奥には『コンセプト4』からインスパイアされた巨大グリルが透けてみえており、市販型に反映される可能性が濃厚だ。

室内では、12.3インチデジタルインストルメントクラスタ、その横に8.8インチのインフォテイメントディスプレイを配置するほか、3本スポークのMステアリングホイールが確認できる。また2つのディスプレイの上部ダッシュボード形状は、一直線に伸びてスポーティさを演出しており、キャビン内、エクステリアともに3シリーズとは大きく差別化されそうだ。

確定しているパワートレインは、最高出力510psを超える3.0リットル直列6気筒ツインターボエンジンだが、他には最高出力454psを発揮するエントリーモデルや、480psを発揮するミドルグレードが設定されると予想される。エントリーモデル以外は、8速ATと組み合わされる「M xDrive」四輪駆動が搭載されるはずだ。

ワールドプレミアは、2020年末が有力とされている。



(レスポンス Spyder7編集部)

[提供元:レスポンス]レスポンス