東京・新宿駅で案内誘導の実証デモを実施 ジョルダン

新宿駅西口
ジョルダンは、11月20日から11月22日まで、新宿駅で屋内での案内誘導に関する実証デモを実施すると発表した。実証デモはMaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)・乗換案内サービスへの活用を視野に入れて実施する。

実証デモは、国土交通省の高精度測位社会プロジェクトのSDK、IndoorAtlas、WATAの3パターンについて屋内測位技術の精度を比較する。HEREテクノロジーズ、メディアリサーチ、AiAlongの屋内ナビゲーション技術を活用して、改札間の標準ルートや段差回避ルート表示システムを確認する。

東京は鉄道ネットワークが密で構造が複雑なターミナル駅もあることから、駅利用者が安全、円滑に移動できる情報環境を整備することが求められている。既に新宿駅などでは案内サインの表現の統一化に向けた取り組みが行われている。東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会開催時、多くの人が東京を訪れることが見込まれており、今回の実証デモを踏まえ、検証・改善して民間による屋内外をスムーズに移動できる案内誘導サービスの実現を目指す。

(レスポンス レスポンス編集部)

[提供元:レスポンス]レスポンス