【VW Tクロス】日本法人社長「300万円を切る競争力のあるプラスタグをつけた」

VW Tクロス
フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)は11月27日、新型SUV『Tクロス』の受注を開始した。価格は299万9000~335万9000円で、納車開始は2020年1月以降を予定しているという。

VGJのティル・シェア社長は同日都内で開いた発表会で「サイズはコンパクトでも室内は広々としている。そして実用的なパッケージングそれがTクロス。力強いデザインと豊富なバリエーション。内外装の組み合わせは合計21通り。そしてSUVとしてTクロスは高い実用性をお客様に提供するとともに、個々のスタイルを同時に楽しんで頂ける。さらに上級モデルに匹敵する先進の安全装備と快適装備も備えている」と紹介。

さらに「Tクロスは2019年初めに欧州で販売が始まった。とくに若い世代を中心に幅広く高い評価を得ている。そして日本でも若い方々を始めとする幅広い世代の方々にTクロスを楽しんで頂けるように300万円を切る、299万9000円からという十分に競争力のあるプラスタグをつけた」と強調した。

日本に導入されるTクロスは1リットル直列3気筒インタークーラー付ガソリンターボエンジンを搭載。最高出力116馬力、最大トルクは200Nmを発生する。ボディサイズは全長4115mm、全幅1760mm、全高1580mmで、2550mmのホイールベースにより最大5人がリラックスして乗車できる室内空間を確保している。

荷室は455リットルとクラストップレベルで、リアシートを倒すと最大1281リットルの空間になり、高い実用性を備えている。さらにTクロス導入特別仕様車『Tクロス TSI 1st プラス』は、インテリア、ドアミラー、ホイールがブラック、オレンジ、グリーンの3色から選択でき、さらにエクステリアの8色との組み合わせにより、21のパターンの中から好みの1台が選択できるようになっている。

またシェア社長は「VGJはよりアクティブなライフスタイルを追求するお客様に今後さらにご満足頂くためにSUV攻勢を進めていく」と表明したうえで、「SUV市場の販売傾向をみてみると、現在のSUV人気という現象は主にスモールやコンパクトセグメントのSUVで起こっている。私たちがSUV攻勢を進めるためには、これらのお客様のニーズをより良く満たしていきたい」と説明。

具体的には「本日発表されたTクロスにより『ティグアン』は弟を持つことなる。そしてさらにこの2台のSUVにはまもなくもう一人の兄弟を迎える。来年半ばに『Tロック』という兄弟が真ん中に加わる予定。私たちはこれら三兄弟のSUVで日本の幅広いSUVのお客様のニーズを満たすことができると確信している」と述べた。

(レスポンス 小松哲也)

[提供元:レスポンス]レスポンス