アウディ、世界販売の4割を電動車に…電動化などに370億ユーロを投資

アウディ e-tron GT コンセプト
アウディ(Audi)は11月29日、2024年までの5年間に、電動化に向けた研究開発費などに総額およそ370億ユーロ(約4兆4725億円)を投資すると発表した。このうち、120億ユーロ(約1兆4500億円)を、電動化のみに充当する。

今回の発表は、アウディの中期経営計画、「アウディトランスフォーメーションプラン」を強化するものだ。この計画では、2022年までに、eモビリティ、デジタル化、自動運転のために、およそ150億ユーロ(約1兆8000億円)を投資する、としていた。

アウディは2025年までに、30を超える電動モデルを投入する予定だ。そのうちの20車種はEVとなる。これによりアウディは、世界販売台数のおよそ40%を、EVやハイブリッド車などの電動パワートレイン車にする計画だ。

アウディはポルシェと協力して、大型EV向けのプレミアム電動アーキテクチャ(「PPE」)を開発している。また、車台のモジュラーEドライブシステム(「MEB」)は、フォルクスワーゲンと共同開発を進めている。ブランドの垣根を超えて、アーキテクチャを共有することにより、将来的にはグループ内で高い相乗効果を見込む。

アウディは、今回の計画は、コストの大幅な改善と電動モビリティへの投資を優先することを反映したもの、としている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス