AIで危険を知らせるドラレコアプリ「スマートくん」、iOS版リリース

ドラレコアプリ「スマートくん」
ニューラルポケットは12月5日、世界初となるAI搭載のiOS向けドライブレコーダーアプリ「スマートくん」をリリースした。

スマートくんの利用方法は、手持ちのスマートフォンにアプリをダウンロートし、スマホ用スタンドに取り付けるだけ。アプリを開いてワンタップで録画がスタート。再生も履歴をリストで確認して簡単にできる。これらのドライブレコーダー機能を完全無料で提供する。

さらにAIにより、急発進・急停止などの動作感知や車間距離計測ができるほか、周辺に映る物体(自動車、歩行者、信号機等)を検知し、ドライバーに危険を警告するなど、高度な機能を備える。

スマートくんは、録画やAIによる物体検知等、すべて端末内で処理を行うため、アプリのダウンロード時等を除いて、基本的に通信料は発生しない。また、全機能がスマートフォン内で完結し、録画・映像確認など、ドライブレコーダーに必要な機能をすべて、直感的な操作で使うことができる。

ニューラルポケットでは今後、AI技術を用いた取得したデータを2020年初には、運転安全レポートや運転サポート通知(前方車両発信を音声で通知等)などの便利機能として提供する予定だ。また、プライバシーに配慮した上で、道路上のあらゆるデータ(混雑状況・道路情報等)を取得し、ビッグデータとして活用していくことを検討していく。

なお、Android版についいては2020年内の対応を予定している。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス