生産停止中のホンダ N-WGN 新型、電動パーキングブレーキ不具合でリコール

ホンダ N-WGN 新型
ホンダは12月12日、電動パーキングブレーキの不具合で生産を停止している軽自動車『N-WGN』『N-WGNカスタム』のリコール(回収・無償修理)を国土交通省へ届け出た。対象となるのは2019年7月4日~8月30日に製造された9437台。

不具合箇所は電動パーキングブレーキアクチュエータとスプリングパッケージの2つ。

電動パーキングブレーキアクチュエータについては、モータ配線接続部の圧着端子の加締めが不十分、またはモータのコンミテータおよびブラシの製造が不適切なため、走行振動でモータ内の接触抵抗が一時的に増加するとモータ回路断線検知信号が乱れてVSA(車両挙動安定化制御システム)が異常を検知し、故障と判定することがある。そのため、警告灯、警告表示が点灯して、駐車ブレーキが作動・解除できなくなるおそれがある。

ドラムブレーキシューの拡張、収縮を行うためのスプリングパッケージについては、作動ストローク設定が不適切なため、パーキングブレーキ解除時にスプリングパッケージがシュースプレッダボディに干渉し、モータ負荷が高くなることがある。そのため、モータの電流値が閾値を超えてVSAが異常を検知し、警告灯、警告表示が点灯して駐車ブレーキが作動しなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、左右電動パーキングブレーキアッセンブリを対策品と交換する。さらにVSAについては、モータ回路断線検知プログラムを書き換える。

不具合は322件発生、事故は起きていない。社内からの情報によりリコールを届け出た。

新型のN-WGNは、当初7月19日の発売を計画していたが、電動パーキングブレーキの不具合が判明。部品供給の遅れなどにより、発売を8月9日に延期。ホンダはこれまでN-WGNのリコールを予定していないと説明していたが、今回リコールを届け出た。この電動パーキングブレーキは、新型『フィット』にも搭載されているため、年内発売の予定が2020年2月頃に延期となるなどの影響が出ている。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス