BMW、グーグルの「Android Auto」車載化 2020年7月から

BMWが車載化するグーグルの「Android Auto」
BMWグループ(BMW Group)は12月11日、グーグルの「Android Auto」を、2020年7月から車載化すると発表した。

これにより、ユーザーはAndroidスマートフォンを車両にワイヤレス接続できるようになる。車載モニターを通じて、音楽、メディア、メッセージングアプリ、目的地、今後の予定などの情報にアクセスすることが可能になる。

Android Autoは、BMWのフルデジタルコックピットに直接組み込まれる。ダッシュボード中央のコントロールディスプレイだけでなく、メータークラスターの情報ディスプレイやヘッドディスプレイにも、重要な情報を表示できる。

また、Android Autoの「Googleアシスタント」を利用すると、運転中に音声コマンドによって走行ルートを確認したり、友人に連絡したりすることが簡単に行える。

なお、BMWのAndroid Autoは2020年7月から、「BMWオペレーティングシステム7.0」を採用したすべての車両で利用可能になる、としている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス