「衝突被害軽減ブレーキを過信しないで」 事故多発で国交省が注意喚起

衝突被害軽減ブレーキについて正しく認識してもらうための資料
国土交通省は12月17日、運転者が衝突被害軽減ブレーキの機能を過信して事故に至ったと疑われるケースが増加していることから、ユーザーへの注意喚起する。

衝突被害軽減ブレーキを搭載した自動車が普及しているが、これに伴って運転者が衝突被害軽減ブレーキが作動すると過信して事故に至ったと疑われるケースが増加している。2017年は72件、2018年は101件で、2019年は1~9月までの9カ月間で80件発生している。

衝突被害軽減ブレーキには機能の限界があり、故障していなくても、状況によっては作動しないケースがあり、衝突した場合、安全運転の責任は運転者本人にある。

国土交通省では、衝突警報が頻繁に鳴るドライバーは、日頃から衝突リスクがある運転をしており、衝突被害軽減ブレーキが作動した場合、衝突被害軽減ブレーキがなければ、衝突していたと、ドライバーに注意喚起していく。

(レスポンス レスポンス編集部)

[提供元:レスポンス]レスポンス