エヌビディア、レベル4の自動運転車開発を支援…世界最大級のライドシェア企業と提携

エヌビディアの自動運転車のシミュレーションプラットフォーム「NVIDIA DRIVE Constellation」
エヌビディア(NVIDIA)は12月17日、自動運転の分野において、「ディディチューシン」(Didi Chuxing、滴滴出行)と提携すると発表した。

ディディチューシンは、世界最大級のライドシェア企業で、モバイル交通プラットフォームを手がけている。中国を含むアジアや中南米、オーストラリアの5億 5000万人のユーザーに対して、タクシーやバスサービス、ドライバー派遣、バイクシェアリング、電動バイクシェアリングなど、アプリベースの輸送サービスを提供している。ディディチューシンのプラットフォームを活用している数千万人のドライバーが、年間10億人の人々の移動を支援している。

エヌビディアは、このディディチューシンと提携を結ぶ。ディディチューシンは自社のデータセンターにおいて、 「NVIDIA GPU」を使用して機械学習アルゴリズムをトレーニングし、レベル4の自動運転車の推論のために 「NVIDIA DRIVE」を活用する。

ディディチューシンの自動運転車の AI(人工知能)を集約的に処理するために NVIDIA DRIVEが、多数のディープ ニューラル ネットワーク(DNN)を使用する。そして、カメラ、ライダー、レーダーなど、すべてのセンサーからのデータを融合し、車両の全周囲の環境を把握し、安全な走行ルート計画を立てる、としている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス