ヒュンダイが空飛ぶ車に参入、初のコンセプトモデルをCES 2020で発表へ

ヒュンダイモーターの空飛ぶ車のイメージスケッチ
ヒュンダイモーター(Hyundai Motor)は、2020年1月に米国ラスベガスで開催されるCES 2020において、空飛ぶ車の最初のコンセプトモデルを初公開すると発表した。

ヒュンダイモーターは2019年秋、空飛ぶ車の開発部門を設立した。CES 2020では、部門立ち上げ後、初の成果となるコンセプトモデルを初公開する予定だ。

ヒュンダイモーターが開発を進めている空飛ぶ車は、「PAV」と「PBV」の2つの機能を持つ。PAVは、「パーソナル・エア・ビークル」の略だ。空を利用することにより、道路の渋滞を緩和し、都市の通勤者に時間的なゆとりを与えることを目指す。

もうひとつのPBVは、「パーパス・ビルド・ビークル」の略だ。自動運転機能を備えた高度にカスタマイズ可能なコンセプトにより、車を単なる移動手段以上のものにする無限の可能性があるという。

ヒュンダイは、PAVとPBVの2つのスマートモビリティデバイスは、将来的には都市全体に配置され、新たな公共交通手段として活用される、としている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス