近鉄グループ、志摩地域で観光型MaaSの実証実験 第2弾実施へ

賢島大橋
近鉄グループホールディングスは、伊勢志摩エリアの志摩地域で2020年1月9日から3月31日の間、観光地型MaaS(モビリティアズアサービス)専用アプリ「ぶらりすと」を使った志摩での2回目の実証実験を実施する。

2019年10月1日から11月30日まで実施した1回目の観光型MaaS実証実験では、志摩地域の近鉄の特急停車駅(鵜方駅・賢島駅)と周辺観光地を結ぶバス、タクシー、マリンキャブ(海上タクシー)のオンデマンド交通、Webサイト上の経路検索と予約システムなど、二次交通手段の構築を中心に実施し、新路線の運行を開始したオンデマンドバスを中心に、新たなニーズを把握した。

今回実施する実証実験では、観光地型MaaSアプリ「ぶらりすと」を使って、オンデマンド交通の検索・予約に加え、決済までシームレスなサービスを提供する。また、多言語対応することで、国内外どこからでも、事前に旅行の目的地予約や交通手段確保、決済まで「ぶらりすと」を通じて行うことができる。

アプリ上で購入できる「伊勢・鳥羽・志摩デジタルフリーパス」や着地型旅行商品を販売する。これによって地元観光施設の情報を広く発信するとともに、便利な移動手段を提供し、近鉄グループが展開するサービスの利用促進を図る。志摩エリアへの誘客による観光活性化にも貢献していく。

2019年度の実証実験結果をもとに今後、伊勢志摩全体にエリアを拡大することを検討する。

(レスポンス レスポンス編集部)

[提供元:レスポンス]レスポンス