VWが移動式の充電ロボット開発、完全自動でEVなどを充電

フォルクスワーゲンの移動式の充電ロボット
フォルクスワーゲンは(Volkswagen)は、EVなどの電動パワートレイン車向けに、移動式の充電ロボットを開発した、と発表した。

ユーザーは、アプリまたはV2X通信を介して、電動車の充電を開始する。ロボットは、充電を必要とする車両に移動。車両の充電ソケットのフラップを開いてから、プラグを接続して、充電後の取り外しまで、充電プロセス全体が自動的に行われる。

移動式の充電ロボットのプロトタイプは、コンパクトな自動運転ロボットと、エネルギー貯蔵装置で構成されている。エネルギー貯蔵装置は、フル充電状態で約25kWhの蓄電容量を持つ。充電ロボットは、複数のエネルギー貯蔵装置を同時に動かせる。エネルギー貯蔵装置は、最大50kWの出力でDC急速充電を可能にする。

自動運転できるロボットには、カメラ、レーザースキャナー、超音波センサーが装備されている。これらのシステムの組み合わせにより、ロボットは充電プロセスを完全自動で行える。また、駐車エリア内を自由に動き回り、障害物を認識し、回避する。駐車場の広さに応じて、複数の充電ロボットを同時に使用して、複数の車両を充電できる。

フォルクスワーゲンは、充電ステーションが電動車両以外によってブロックされるという問題は、移動式の充電ロボットには存在しない、としている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス