限定4台!! ニュルブルクリンク最速のFF市販車登場 ルノースポール…東京オートサロン2020

ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR‘カーボン・セラミックパック’(東京オートサロン2020)
ルノーは、東京オートサロン2020で『メガーヌR.S.トロフィーR‘カーボン・セラミックパック’』を展示。2019年4月5日にニュルブルクリンクサーキット北コースの量産FF車最速記録を更新したモデルだ。

オートサロン初日となる1月10日に、世界で限定500台生産されることが発表されたメガーヌR.S.トロフィーR 。そのなかでも、‘カーボン・セラミックパック’は30台のみとなる。

日本には、メガーヌR.S.トロフィーR が47台導入予定で、そのうち‘カーボン・セラミックパック’は4台のみ。その貴重なモデルが、間近で見られるのだ。

しかも、このオートサロンに持ち込まれたメガーヌR.S.トロフィーR‘カーボン・セラミックパック’は、ニュルブルクリンクで記録を樹立した車体とは異なるものの、三重県にある鈴鹿サーキットでタイムアタックを行い、メガーヌR.S.トロフィーとしての記録を塗り替えた、実際の車体だというから驚きだ。

メガーヌR.S.トロフィーR について、ルノー・ジャポン株式会社 マーケティング部 広報グループの佐藤氏は、「このクルマは、タイムアタックやピュアなレースを前提に設計されているので、ベースモデルでは標準装備となっているリアシートや4WSなどが省かれ、車重を130kgほど軽量化。サスペンションやシャーシ性能を向上させることにより、さらにスポーティーな味付けとなっています」と、説明。

そこに、より軽量なカーボンホイールやカーボン・セラミックフロントブレーキディスクなど、レーシングカーさながらのエキスパートドライバー向け専用装備が搭載されたのが、‘カーボン・セラミックパック’なのだ。

ルノースポールが手掛けるF1のチームカラーでもあるブラックとイエローで統一されたシックなブースと、市販レーシングマシンといっても過言ではないメガーヌR.S.トロフィーR‘カーボン・セラミックパック’の組み合わせは、モータースポーツ好きならワクワクせずにはいられない、レーシーで特別な雰囲気を味合わせてくれる。

(レスポンス 先川知香)

[提供元:レスポンス]レスポンス