VW、自動運転の研究開発センターをシリコンバレーに開設へ…CES 2020

フォルクスワーゲンのレベル4の高度な自動運転車の公道テスト(参考画像)
フォルクスワーゲン(Volkswagen)はCES 2020において、自動運転の研究開発センターを米国カリフォルニア州シリコンバレーのイノベーション&エンジニアリングセンターに開設すると発表した。

この自動運転の研究開発センターは、フォルクスワーゲンの子会社で、自動運転車を世界規模で開発している「フォルクスワーゲン・オートノミー」の施設となる。同センターでは2020年、システムエンジニアなど50~100人を雇用する予定だ。フォルクスワーゲン・オートノミーは、将来の自動運転技術の商業化を目標に、フォルクスワーゲングループが持つ技術のすべてを活用する。

フォルクスワーゲン・オートノミーは現在、ドイツ・ミュンヘンに本社を構えている。フォルクスワーゲングループは、自動運転車の最初の実用化が、商用車で可能になると想定している。フォルクスワーゲン・オートノミーは、自動運転タクシーや自動運転トラックなど、フォルクスワーゲン商用車に搭載する自動運転システムを開発していく。

フォルクスワーゲン・オートノミーは、大気汚染や渋滞の軽減に役立つ都市部の自動運転車に大きな期待を寄せている、としている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス