ランドローバー世界販売、日本は14.8%増 2019年

ランドローバー・レンジローバー・イヴォーク 新型
ランドローバー(Land Rover)は、2019年の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は39万6105台。前年比は3.8%減と、2年連続で前年実績を下回った。

車種別では、『レンジローバー イヴォーク』と『レンジローバー スポーツ』の販売が伸びている。一方、『ディスカバリー スポーツ』は、モデルチェンジのタイミングとなり、販売が落ち込んだ。

また2019年は、電動車の販売が伸びた。とくに地元の英国では、『レンジローバー』の23%、レンジローバー スポーツの20%が、プラグインハイブリッド車(PHV)だった。

市場別では、中国や欧州が、前年実績を下回った。そんな中、日本は4549台を販売した。前年比は14.8%増と、2桁増を達成している。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス