高齢ドライバーの8割、家族から運転を心配されることは「ありがたい」…NEXCO東日本調べ

「家族みんなで 無くそう逆走」プロジェクト
NEXCO東日本は、祖父母世代・親世代・孫世代の3世代に対して、運転や逆走について家族で話すことについての調査を実施。高齢ドライバーの80%が家族に運転を心配されることは「素直に聞ける」「うれしい」といったポジティブな感情を抱いていることがわかった。

調査結果によると、祖父母世代に、自分が運転する車に家族を乗せた経験は「親世代を乗せた経験」84.4%、「孫世代を乗せた経験」77.0%となった。さらに、運転を「危ない・怖い」と言われた経験については、「親世代から言われた」が17.8%、「孫世代から言われた」が6.5%となった。

「親世代/孫世代から運転を心配されたときの気持ちはどうだったか」あるいは「もし親世代/孫世代から運転が心配だと言われたらどのような気持ちになるか」を聞いたところ、「そうだなと素直に聞けた/聞けそう」(親世代34.9%/孫世代33.0%)、「心配してくれてうれしいと思った(思いそう)」(親世代24.2% /孫世代27.0%)、「心配してくれてありがとうと思った(思いそう)」(親世代24.2% /孫世代20.0%)と、8割以上がポジティブな感情を抱くと回答。祖父母世代は運転の心配をする家族の言葉を嫌悪するよりも、ポジティブに捉えている人が多い結果となった。

次に、祖父母世代へ孫が運転免許を取得した時の気持ちを聞いたところ「運転免許を取れるほど成長してうれしい」55.0%、「運転が心配、気を付けてほしい」51.0%に続いて、「孫が運転免許を取れるほど自分も年を取ったので、車を安全に運転することを考えたい」36.0%という結果となった。祖父母世代にとって孫の運転免許取得は、成長がうれしいと思ったり、運転が心配だと思うと同時に、自分の運転を見直すきっかけにもなることが分かった。

「高速道路での高齢ドライバーによる逆走」については、3世代ともに9割超(祖父母世代98.0%、親世代94.7%、孫世代92.7%)が知っていると回答している。一方、この半年間、家族で逆走について話し合ったかを確認したところ、祖父母世代で54.3%、親世代で57.9%、孫世代で70.4%があると回答。3世代ともに「高速道路での高齢ドライバーによる逆走」の認知度は高いが、家族での話し合いは認知に比べると低い結果となった。

NEXCO東日本では、高速道路での高齢ドライバーによる逆走について家族で話し合うことは、逆走防止にて非常に意味が深いと考え、家族で安全運転や逆走防止について、話し合ってほしいと呼びかけている。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス